コンピューターウイルス感染が詐欺の始まりです

コンピューターウイルス感染が詐欺の始まりです

昔のパソコンはそれぞれが独立して動いていましたから、コンピューターウイルスに感染する事は稀でした。

 

しかし今のパソコンはインターネットにより繋がっていますから、ネットを通じて容易にコンピューターウイルスに感染するようになってしまっています。

 

コンピューターウイルスと言うのは目には見えませんから、コンピュータがウイルスに感染しても気が付かない事が多く、被害を蔓延させてしまう事が多いのです。

 

一番厄介なコンピューターウイルスは、感染させて情報を盗み取るタイプのウイルスです。

 

このタイプのウイルスに感染してしまうと、知らぬ間にネットを通じて自分のパソコンから情報が盗み出されてしまい、ネット銀行からお金を引き出されるなどの詐欺被害を受けてしまいます。

 

また、詐欺といえばPC内のデータをウィルスにより暗号化しファイルを開けることが出来ないようにした上で、開けるためにはお金を払うことを要求するランサムウェアというのが横行しています。
HELP_DECRYPTというウィルスソフトもその一種ですが、HELP_DECRYPT 払い込みは意味が無いということが多くの方の報告から証明されています。

 

ですから、日ごろからこの手のコンピューターウイルスに感染しない様に、コンピューターにしっかりとしたセキュリティーソフトを入れておく必要があるのです。

 

感染したコンピューターをほっておくと、他のパソコンにまた感染してしまい、被害者ではなく加害者になる恐れがあるので、セキュリティーには十分注意を払うべきです。

 

関連ページ

PCのデータ復旧は有料のものを使用したほうが良い
PCのデータ復旧は有料のものを使用したほうが良い
KEYHolderの身代金請求は詐欺。
KEYHolderの身代金請求は詐欺。