定価制マンションリフォームと今までのリフォームの費用について

定価制マンションリフォームと今までのリフォームの費用について

マンションのリフォームするときに、最初にまずしなければならないことはリフォーム会社から施工費用の見積もりを取ることである。一般的に見積もりは、施工項目を列記しそれぞれの単価に数量や面積を掛け合わせ、最後にそれらを全て足し合わすことで行われる。所謂、積み上げ方式である。金額的な調整をする場合は、施工項目を減らしたり、単価と数量や面積を減らしたりすることで行われる。


ここで合意できれば着工となるが、大体において施工項目の漏れや突発的な追加工事が発生し、金額が膨れ上がっていくことになる。これは仕方がないというよりも、施工会社が意図的にしていると考えたほうがよく、追加工事で稼ぐことは施工会社にとって予定調和なのである。このような事情があり消費者のリフォーム会社に対する不信感は根強いものがある。これに対し定価制マンションリフォームは予め面積によりリフォーム価格が決まっており、その金額で確実にリフォームを終わらせるというシステムである。この利点はリフォーム会社が請け負った金額でリフォームを完了させる努力をするということである。また消費者にとっては追加費用が発生しないことも心強いのである。

関連ページ

ワンルームマンションの暮らしぶり
管理人の最近知ったことや、昔から知っていることを出来るだけ分かりやすく紹介。美容、健康に関する豆知識や車、お金や保険、会社のこと、遊びや料理や食のことなど盛りだくさんで紹介します。
エアコン取り外しを行なってみよう
エアコン取り外しを行なってみよう
引越しのチェックリスト作成は必要不可欠
引越しのチェックリスト作成は必要不可欠
兵庫県でのお葬式なら家族葬にも対応してくれる葬儀ラボでよかった。
兵庫県でのお葬式なら家族葬にも対応してくれる葬儀ラボでよかった。
名古屋市南区の不用品回収。かもめさんがおススメの理由
名古屋市南区の不用品回収。かもめさんがおススメの理由